RSS Feed

仕事も自分も大切に生きる

ニーズの高さが看護職の強み

11/19/2016

男女平等と言われる様になった現代でも、未だに家庭のことは女性がやるべきだと言う考え方を持っている人が居ます。
昔に比べれば家事や育児を手伝う男性は増えましたが、結婚・出産・介護等で家庭と仕事の両立に追われているのは、ほとんどが女性です。

資格を活かしてバリバリ働いている看護師もそれは同様です。
そのため、ライフスタイルに合わせて働く時間帯や勤務形態を選択できる職場を希望する人はたくさん居ます。病院によっては、そうした人の為に夜勤と休日勤務の免除ができたり、短時間勤務制度が利用できたりといった待遇がある場合もあります。
「現在働いている職場では条件が合わない」という場合は、転職を検討する事で家庭と両立しながら働きやすくなります。

家庭と仕事の両立を目指す人の転職先としては、昼間の時間帯が中心の常勤勤務や、夜勤の無いクリニックが人気です。
育児中の看護師であれば、託児所付きの職場を探している人も居ます。いざという時すぐ迎えに行けるし、子供と近くで働けるから、安心という声が聞かれます。
一方、独り身や、子供が独立して自分の時間がたくさん出来たという人もいます。多くの人が仕事のスキルアップを目指していて、助産師や専門看護師など、なにかしらの目標を持って働いています。

この様に、ある程度柔軟にライフスタイルや目標に合わせて働き方を選べるのは、経験と技術を持っている看護師のニーズが高いからです。最近では、老人ホームなどの施設でも看護師の需要が高まっているので、益々幅広い分野で活躍する事が出来るでしょう。

No Comments Yet

You can be the first to comment!

Leave a comment